FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Login

[tidy]Tidy Configuration覚え書き

概要

Tidyの設定値について和訳がてらメモしておきます。目を通したという事実の記録でしかないので、誤訳にご注意ください(実際に使う場合は、手元で挙動をご確認ください)。

HTML, XHTML, XML

add-xml-decl(default: no)

出力にXML宣言(<?xml ... ?>)を付けるか否か

入力にXML宣言がある場合、この設定値は無視される

add-xml-space(default: no)

DTDへのアクセス無しに空要素と判断出来るように、xml:space="preserve"を付ける?

alt-text(default: -)

img要素でalt属性が無い場合の属性値の指定

assume-xml-procins(default: no)

?>を区切りとする

入力がXMLの場合は自動的に有効になる

bare(default: no)

MicrosoftのWord2000ドキュメントで定義されたHTMLを除去

出力に含まれる入力よりも多いスペースを除去?

clean(default: no)

MicrosoftのOfficeによるHTMLに含まれる表示に関する一部のタグや属性を除去?

css-prefix(default: -)

Tidyが使うスタイル規則のプレフィクス

デフォルトではc?

decorate-inferred-ul(default: no)

右へのインデントを避けるためにUL要素をCSSでマークアップ

doctype(default: auto)

DOCTYPE宣言

drop-empty-paras(default: yes)

空のパラグラフを破棄する

drop-font-tags(default: no)

font要素とcenterタグをスタイル規則を作る事無く破棄する

cleanオプションから独立している

drop-proprietary-attributes(default: no)

プロプライエタリな属性を除去する

enclose-block-text(default: no)

テキストブロックをp要素で囲む?

enclose-text(default: no)

body要素内の全てのテキストをp要素で囲む

escape-cdata(default: no)

CDATAセクションを通常テキストに変換する

fix-backslash(default: yes)

URL内のバックスラッシュをスラッシュに変換する

fix-bad-comments(default: yes)

連続するハイフン(-)が見つかった場合、予期しないハイフンを=に置き換える

Cold Fusionのコメント構文: <!--- --->

fix-uri (default: yes)

属性値に不適切な文字があった場合、パーセントエンコードする

hide-comments (default: no)

コメントを除去する

hide-endtags (default: no)

省略可能な終了タグを省略する

このオプションはXMLを扱う場合は無効になる

indent-cdata (default: no)

CDATAセクションをインデント?

input-xml (default: no)

HTMLパーサよりもXMLパーサを使うようにする

join-classes (default: yes)

1要素に複数のclass属性が指定されていた場合、1つのclass属性にその値をまとめる

noであれば最後のclassだけが残る

join-styles (default: yes)

1要素に複数のstyle属性が指定されていた場合、1つのstyle属性にその値をまとめる

noであれば最後のstyleだけが残る

literal-attributes (default: no)

属性値内の空白文字をそのままにする

logical-emphasis (default: no)

i要素をem要素、b要素をstrong要素に置き換える

lower-literals (default: yes)

事前に定義された値のリストに含まれる属性の値を小文字に置き換える?

merge-divs (default: auto)

-c (--clean yes)オプションで変更可能

ネストしたdiv要素をマージする?

autoを指定した場合、内側のdiv要素の属性は外側のdiv要素にマージされる?

id属性を持つdiv要素はマージされない?

yesを指定した場合、class属性とstyle属性以外は捨てられる?

ncr (default: yes)

数値実体参照を許す

実体に変換?

new-blocklevel-tags (default: -)

新しいブロックレベル要素を定義する

複数の要素をカンマかスペースで区切って指定可能

指定されていない要素は除去される

XMLモードでは無効

new-empty-tags (default: -)

新しい空要素を定義する

複数の要素をカンマかスペースで区切って指定可能

指定されていない要素は除去される

XMLモードでは無効

new-inline-tags (default: -)

新しいインライン要素を定義する

複数の要素をカンマかスペースで区切って指定可能

指定されていない要素は除去される

XMLモードでは無効

new-pre-tags (default: -)

HTMLのpre要素と同じ働きをする新しい要素を定義する

複数の要素をカンマかスペースで区切って指定可能

指定されていない要素は除去される

XMLモードでは無効

numeric-entities (default: no)

数値実体参照を実体に置き換える?

output-html (default: no)

html出力?

output-xhtml (default: no)

xhtml出力?

output-xml (default: no)

xml出力?

preserve-entities

入力にあるwell-formedエンティティを保持すべきか決める?

quote-ampersand

アンパサンドを実体参照に置き換える(& to &amp;)

quote-marks (default: no)

ダブルクォーテーションを実体参照に置き換える(" to &quot;)

シングルクォーテーションを実体参照に置き換える(' to &$39;)

属性値などを囲むクォート文字は対象外

quote-nbsp (default: yes)

&nbsp;を空白文字に置き換えないで出力する?

repeated-attributes (default: keep-last)

重複する属性の扱い

keep-first, keep-last

replace-color (default: no)

色コードを色名に置き換える(#ffffff to white)

show-body-only (default: no)

body要素の内側だけを出力する

uppercase-attributes (default: no)

大文字の属性を許可する(小文字にしない?)

uppercase-tags (default: no)

大文字の要素を許可する(小文字にしない?)

word-2000 (default: no)

Word 2000による余分なものを全て取り除く

Diagnostics

accessibility-check (default: 0)

どのレベルのアクセシビリティチェックを行うか

HTML Tidy Accessibility Tool

show-errors (default: 6)

エラー表示に付いて決定する数値

0の時に全く表示されない

show-warnings (default: yes)

警告を出力する

Pretty Print

break-before-br (default: no)

br要素の直前に改行を挿入する

indent (default: no)

ブロックレベル要素についてインデントする

indent-attributes (default: no)

各属性を行別にする

indent-spaces (default: 2)

インデントが有効の際のインデントレベル(空白の数)

markup (default: true)

簡易マークアップ?

  • 確認環境で"segmentation fault"のため未確認

Note that Tidy won't generate a pretty printed version if it finds significant errors (see force-output).

punctuation-wrap (default: no)

いくつかのユニコード文字か中国語の句読文字の後に折り返す?

sort-attributes (default: none)

属性を並び替える

split (default: no)

過去に使っていたが今は使用していない

tab-size (default: 8)

タブをスペースに置き換える際のスペースの数

vertical-space (default: no)

可読性のために行間を空ける

wrap (default: 68)

折り返し(改行)までの文字数

wrap-asp (default: yes)

ASPの<% ... %>な要素をラップ?

wrap-attributes (default: no)

属性値のラップ?

wrap-jste (default: yes)

JSTEの<# ... #>をラップ?

wrap-php (default: yes)

PHPの<?php ... ?>をラップ?

wrap-script-literals (default: no)

スクリプト属性の文字リテラルをラップ?

wrap-sections (default: yes)

<![...]>をラップ?

Character Encoding

ascii-chars (default: no)

-c(--clean yes)オプション

&emdash;、&rdquo;などの文字参照を近しいASCII文字に置き換える?

char-encoding (default: ascii)

入出力の文字エンコーディング

input-encoding (default: latin1)

入力文字エンコーディング

language (default: -)

現在は使っていない

newline (default: 環境ごとに決定)

改行コード

output-bom (default: auto)

BOMを付ける

UTF-16によるXML/XHTML出力の際、必ずBOMが付く

output-encoding (default: ascii)

出力文字エンコーディング

Miscellaneous

error-file (default: -)

エラー出力ファイルの指定

デフォルトではstderrにエラー出力

force-output (default: no)

エラーに関わらず出力を行う

gnu-emacs (default: no)

GNU Emacsで簡単にパース出来るような書式のエラー?

gnu-emacs-file (default: -)

内部的に使ってる?

keep-time (default: no)

tidyが変更するファイルのタイムスタンプを変更せずに維持する?

output-file (default: -)

出力結果を書き出すファイル

デフォルトではstdoutに出力

quiet (default: no)

エラーなどのメッセージを出力しない?

slide-style (default: -)

現在は使用していない

tidy-mark (default: yes)

meta要素にgeneratorとしてtidyを指定する

write-back (default: no)

読み込みもとファイルに結果を上書きする?

Last modified:2007/07/15 22:45:35
Keyword(s):[tidy]
References: